スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国志大戦:大徳馬鹿連環

2006/02/08 23:58 [Wed]
今日は旧SR劉備、旧R馬超、R黄忠、Rホウ統、C劉表でプレーしたところ、四品で4勝1敗。その1敗のお相手はSR張遼、SR関羽、SRホウ徳、SRカク。
地形岩場で有利だったものの、あちらは馬鹿連環を警戒して部隊を小出しにするのみで攻めてこず、こちらも大徳で攻めても神速に潰されるだけな気がして攻めあぐね、膠着状態が続いてしまう。お互い無傷のまま終盤に入り、残りカウントも少なくなってきたので、カクのステルス攻城の警戒のために劉表だけ城前に残して残り4部隊で意を決して平地を攻め上るも、鬼神降臨を発動されてSR関羽1部隊に連環の計を撃たされてしまう。正直鬼神降臨の存在をすっかり忘れていた。攻め手がなくなり、城に向かってきたホウ徳を劉表で邪魔しようとしたところを逆からカクにステルス攻城され、負け。
やはり、劉表でカクを掘るなり、あるいは掘れなかったとしても騎馬の攻城力の低さを考慮してあえて無視して劉表を岩場サイドから城に向かわせて戦力を分散させるなり、やりようはいくらでもあったはず。まだまだ反省点は多い。
スポンサーサイト

« 三国志大戦:驕り  | HOME |  アイドルマスター:減退の恐怖 »

この記事へのコメント

ステルス攻城に対しては、一旦自城付近を探索してから攻撃に移る、というのはどうでしょう?
大抵、両端のどちらかにいるので、左右端から知力の高い武将を出して、ちょっと上に移動、その後真ん中に集結という形で。
コレやっておけば、端からステルス攻城という恐れはかなり低くなるんじゃないかと。

とりあえず自分が伏兵(ホウ統以外)を掘れなかったときにやっている方法です。(^^;

なるほど

勉強になります!
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://briandch.blog36.fc2.com/tb.php/102-0a17440b

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

&

Author:&
いい歳して本気でゲームがうまくなりたいと考える&の反省や考察のためのブログです。
突っ込みどころがあればガンガン突っ込んでいただけると嬉しいです。

三国志大戦2
 ダイブボマー:徳11覇王

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。