スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバイトのお話

2005/11/16 04:09 [Wed]
このあいだバイトで一緒に働いている中国人から戦力外通告を受けるというしょんぼりな出来事があった。ちなみにアルバイト先は某居酒屋チェーン。まあ何様のつもりだって感じなわけだけど、実際仕事ができないのは事実だったりするし、自覚症状もあったりする。でも別に仕事ができるようになりたいとも思わないし、そのつもりも毛頭ない。そもそもやる気が全くない。自分にとってアルバイトは小遣いを稼ぐための単なるツールでしかない。すでに就職先が決まっていることもあってバイト先への帰属意識や愛着といったものが皆無なうえ、なにより店長のことが嫌いときている。おそらく店長からも嫌われていることだろう。これではとてもじゃないけど頑張る気になんてなれない。しかしそんなやる気のなさとは裏腹にお客さんにはよく接客態度を褒めてもらえたりする。そもそもそれまでまともにアルバイトをしたこともなく、もちろん接客業の経験なんてこれっぽっちもなかったわけだけど、仮にも体育会系の部活に所属していたのが生きているのかもしれない。褒められて嬉しくないはずがないし、それが少なからず自信にもなった。だから、もちろん接客態度の良し悪しと仕事ができるできないは別次元の話ではあるものの、その中国人の言葉に少なからず自尊心を傷つけられたのも確かだった。このままでは癪に触るので、なんとか見返してやりたい。できないんじゃなくてやらなかっただけなんだとわからせてやりたい。そこでこう考えることにしてみた。アルバイトみたいな簡単な仕事すら人一倍こなせないやつが社会に出て人一倍の活躍ができるはずがない。逆に考えれば社会に出て人一倍の活躍ができる人間であればアルバイトみたいな簡単な仕事くらい人一倍こなせて当然である。アルバイトが今後の自分を占う試金石であると考えたら俄然やる気がわいてきた。もう使えないとは言わせないと心に決めた一日でした。
スポンサーサイト

« 三国志大戦:今日の教訓  | HOME |  三国志大戦:戦略考 »

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://briandch.blog36.fc2.com/tb.php/3-24f8c8f4

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

&

Author:&
いい歳して本気でゲームがうまくなりたいと考える&の反省や考察のためのブログです。
突っ込みどころがあればガンガン突っ込んでいただけると嬉しいです。

三国志大戦2
 ダイブボマー:徳11覇王

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。